冷え性の原因

無理なダイエット

もし今後何か冷え性の対策を行って、きちんと成果が出るようになるならば、それで問題ありません。しかし、冷え性の悪因を理解しておらず、それをただ繰り返しているなら、どんなに対策を打っても結果が出るようなことはありません。

それならば、私達にとって天敵となるような要因については、前もって理解しておく方が望ましいのです。では、その悪因としては、一体どんな類のものが挙げられるでしょうか。

悪因も色々考えられますが、最も可能性が高いのは、無理なダイエットです。ダイエットへの興味関心は多くの方がありますが、これに感心を示しているということは、少しでも痩せたいという感情が存在するのは、間違いのないことです。

もし上手く痩せることができれば、見掛けもスリムになるのはもちろんのこと、ずっと着たかった洋服も着れるようになるので、それだけのことでも非常に嬉しいのです。このような結果ばかりに気を取られてしまうと、いかにしてスリムになるかということばかり考えてしまうかもしれません。

冷え性,原因,生活習慣


また、そのためにはどんな方法でも良いから、たとえ体に無理なダイエットでも行って良いと感じるのも、無理のないことです。しかし、このような考え方でダイエットを行うことこそが、冷え性の悪因となるのです。ダイエットに励むことは特に問題ないですが、あまりにも無理なダイエットは、絶対に禁物なのです。さもないと、全く違った結果を出すことになりかねません。

乳首 黒ずみ

冷たい食べ物と甘い食べ物

食べ物は冷え性と何も関係がないのではと感じるのは、多くの人にとっては普通のことです。そうなると、普段摂取する食べ物については特にケアをしなくなります。しかし、そのような考えで居ると、冷え性対策を上手く行うことができず、自分の望んでいた結果を出しづらくなってしまいます。

それならば、食べ物の観点からも、きちんとケアをするようにしたいものです。では、食べ物の中でも特にケアしなければいけないのは、どんな食べ物でしょうか。

まず、冷たい食べ物です。冷たい食べ物は、口にしただけで清涼感を感じるので、ついつい食べたくなります。特に夏の暑い時期については、冷たい食べ物を避けて通ることができません。しかし、冷たい食べ物は、体の内部を冷やしてしまうことに直結するので、あまり望ましいことではありません。

もし冷たい食べものを口にするのであれば、温かい食べ物も一緒に摂取するのがおすすめです。そうすることによって、冷え性の状態を更に悪化させることを防止できます。

次に、甘い食べ物もできるだけ摂取を控えるのがおすすめです。甘い食物の中でも、最も身体を冷やしやすいのは、白い色の砂糖です。これは、血液内に溶け込んだ際に、血糖値が低下するのですが、それと同時にインシュリンが体外に出ていってしまい、糖分を摂取しても摂取した気にならないという現象が起こるのです。また、体全体がむくむのも、この白砂糖が引き起こしている現象になるのです。

季節外れの食生活

季節外れの食生活も、実は冷え性の原因になっています。これは一見気づきづらい事実なのですが、実は見落としているポイントになるのです。それならば、季節外れの食生活をしていないかどうかに関して、今一度チェックをしてみることがおすすめです。では、その例について、見てみましょう。

季節外れの食生活の中でも、最も見られるのが、夏に摂取できる野菜を生の状態で冬に食べるといった方法です。夏野菜は特に火を通さなくても生で摂取できるものが多いので、調理する時間や手間などのことを考えれば、生で食べる方が手っ取り早いと感じるものです。しかし、ここに落とし穴が存在します。

冬は1年の中でも最も寒い時期です。そのため、体を冷やしてしまう傾向が非常に高くなるのです。これは自然現象なので、私達の力ではどうすることもできないのですが、だからといって食事の面で全くケアをしなくて良いというものでもないのです。冬に食べるのは、冷たいものではなく温かいものなのです。

そのように考えると、野菜も生で食べるのではなく、きちんと温めた状態で摂取する方が望ましいのです。茹でても良いですし、オリーブオイルで軽く炒めても良いですし、何かしらの形で野菜を温めることによって、季節外れの食生活をしなくなるのです。

冬なのに関わらず、アイスをついつい食べたくなってしまうこともあるかもしれませんが、これも季節外れの食事の代表格になるので、冷え性対策をするにあたって、きちんと覚えておきたいものです。